初心者も安心!山歩きの楽しみ方【持ち物からファッションまで】

関西で紅葉が綺麗な所

関西は紅葉が綺麗な場所がたくさんあります。
その中から厳選してご紹介します。

 

 

嵐山

京都府にある嵐山は紅葉スポットとして日本を代表していると言っても過言ではありません。
見頃は毎年11月中旬から色づき始め、11月下旬頃までは楽しむことができます。
多くのおみやげ屋さんが立ち並んでいることもあって年中人気のある場所ですが、紅葉の時期になると国内外から観光客が訪れ、より一層のにぎわいを見せます。
特に紅葉のピーク時期に開催される「嵐山もみじ祭」は一見の価値ありといえるでしょう。
嵐山を流れる大堰川には遊歩道があり、赤や黄に染まる山々を眺めながら散策することができます。
大堰川は平安貴族たちが舟遊びをしたと言われており、 明治の初めから屋形船が遊覧しています。
大堰川に架かる渡月橋からの景色も美しいことで有名です。
渡月橋近くにある宝厳院では夜になるとライトアップされ、神秘的な雰囲気があふれる光景を楽しめます。

 

また、京都に行くなら紅葉トンネルが一番の見どころである興聖寺(こうしょうじ)も外せない紅葉スポットです。
紅葉トンネルは宇治十二景の一つにも選ばれており、興聖寺から宇治川に続く200mほどの参道の両側にはせせらぎが流れています。
そのせせらぎが琴の音のように聞こえるため、琴坂という名が付けられています。
こちらの見頃は11月下旬から12月上旬頃となっています。

 

嵐山周辺の宿泊施設はこちら

 

もみじ山

兵庫県にある もみじ山は、遊歩道が設置されており、紅葉を横目に眺めながら散歩できるのが特徴です。
11月上旬から色づき始め、11月中旬から11月下旬にかけて見頃のピークを迎えます。
期間中は夜の紅葉狩りも楽しめるよう、ライトアップされているのも嬉しいですね。
11月下旬には「最上山もみじ祭り」が開催されるので、この時期が一番オススメです。

 

もみじ山周辺の宿泊施設はこちら

 

日吉大社

滋賀県にある日吉大社は、雄大な自然と数多くの社殿との調和がすばらしい紅葉スポットです。
敷地内には大宮川の渓流が流れ、これぞ日本の秋!という景観を楽しめます。
11月上旬に色づき始め、11月中旬から11月下旬にかけてピークを迎えます。
11月から12月にかけては「日吉大社もみじ祭」が開催され、シーズン中はライトアップされるため、敢えて夜に訪れるという人も多いそうです。

 

日吉大社周辺の宿泊施設はこちら

 

箕面大滝

大阪府の箕面大滝は箕面山周辺に位置する公園内にあり、日本の滝百選にも選ばれていることで有名です。
箕面大滝は33mもの落差がある大滝で、春夏秋冬問わず観光客で賑わっています。
見頃は11月下旬で、真っ赤に彩られた紅葉と滝とのコントラストが言葉を失ってしまうくらいの絶景です。
公園の入り口から箕面大滝まで繋がる道は滝道と呼ばれており、約2.4kmありますがこちらも紅葉が素晴らしいので、疲れを感じること無くあっという間に到着するでしょう。

 

箕面大滝周辺の宿泊施設はこちら


このページの先頭へ戻る