全国紅葉狩り情報※紅葉が綺麗な場所や名所を教えます【秋を満喫!】

どこかで楓の精霊が舞っていそうな、そんなロマンを思わせる場所

おすすめの紅葉狩りスポット

神奈川県 横浜市金沢区金沢町212-1 称名寺

 

 

称名寺は金沢文庫と能の「六浦」で知られています。金沢文庫は鎌倉時代の中頃に北条実時が作った図書館です。もちろん建物は建て替えられていますが、お寺の西側の谷にあり、トンネルでつながっています。ここで金沢文庫の歴史を知ってから巡るとより面白いでしょう。

 

能の「六浦」のあらすじは次のようなものです。

 

旅の僧侶が称名寺に来ますと、紅葉の時期に、一葉も紅葉していない楓の木があって、不思議がります。すると女が現れ、かつて冷泉為相(れいぜい・ためすけ)という有名な歌人がここに来た時、この木がいちはやく紅葉していたのを歌に詠んだところ、この木は「功なり名遂げて身退くは天の道なり」という古語に従い、紅葉を止めて常緑樹のようになったと説明します。僧が女の素姓を聞くと、女はこの楓の精霊で、尊い僧に逢うために現れたと答え、消えます。夜になって僧が経を読んでいると精霊が現れ、神楽を舞い、夜明けに消えます。

 

もちろんこの楓は残っていませんが、淨土式庭園の赤い大きな太鼓橋を渡った先に新たに植えられたものがあります。池畔には大きな銀杏や桜が色づいて、ゆっくり歩けば日ごろのストレスもすべて消えていきます。

 

裏山の横浜市民の森も称名寺に属し、頂上には八角堂があります。ここからは紅葉の山々を見ることができます。20分ほどの登り道ですが、港も見下せる絶景ポイントです。ここは桜の時期もお勧めです。

 

このページの先頭へ戻る